ホーム > フラワーハートセラピーとは > 「フラワーハートセラピーとは〜花の心理学」とは

フラワーハートセラピーとは、花をつかった芸術療法

フラワーハートセラピーとは、花をつかった芸術療法です。
花の色彩心理、アロマテラピー、フラワーアレンジメントと臨床心理学を統合したユニークなセラピー法。
自由にアレンジした花から心理分析することができる他、心身を整えるために効果のある花を生活に採り入れることを提案しています。 心療内科や福祉施設でも注目されているセラピーです。

花には色があり、香りがあり、形があります。それぞれが持つ癒し効果を最大限に活かし、セラピーの心理学をベースに置いたフラワーハートセラピーは、主宰「芙和せら」が考案し、1989年から実際に行っているセラピー法です。カウンセラーである芙和せらが、セラピーの場面にフレッシュな花を取り入れ、臨床を重ねて創り上げたものです。
そのセラピー効果を花よりも手軽に行う方法として、色彩心理学・箱庭療法などから発展させたカラーセラピーが〈グラスルーエ〉、アロマの効果を取り入れた心理学、〈アロマルーエ〉を考案しました。

*特許庁で知的財産として認められています。

芙和せらはNPOIATHの登録商標です

癒しの時代、心の時代に花による癒しはなくてはならないものです。より多くの仲間が誕生し、社会に貢献していくことを望み開放をテーマとします。NPO法人としてますます器を広げてまいりますので、ご期待ください。 ハートがあるのが本物の証!

ブログ「芙和せら 花恋い、人恋い
芙和せら
ページトップへ
芙和せらNPO法人IATH所有の商標ハートステップカレッジ花育ひろばTheraruhe〜セラルーエ